marienina* foto

■暮らしの中の”おうち写真”ブログ■

抗がん剤治療の準備

 

つぶやき

きょうは私の闘病記事ですので、苦手な方はどうぞスルーなさって下さいね^^

 

やはり私は現実を受け入れていないのかもしれない。

癌? 未だ信じられないのだから「自覚しなさい。」と自分に言い聞かせているが^^;

 

入院中、ディルームで窓から外を眺めていたら、知らない女性が話しかけてきた。

「奥さん、どこが悪いんですか? 全然健康そうですけど。」と。

そんなふうに見られるのは嬉しいが^^;

田舎に限って思ったことを安易に質問する傾向があるようだ。

相手の気持ちなどあまり考えずに・・・。

「はい、ちょっとね・・・。」と私は口を濁しておいた。(苦笑)

 

今月の19日に再入院になる。(たぶん二泊三日くらいかな。)

こんどは抗がん剤治療とやらで、どんなことになるのかちょっとこわい。

髪の毛が抜けないでほしいと切に願うが・・・。

抗がん剤の種類によって、髪の毛が抜けない人もいるようだしさてさて。

 

早めに抗がん剤用ケア帽子を購入した。

(髪の毛が抜けても抜けなくても準備は抜かりなく。)

あとウィッグも必要かな・・・(ーー;)ウ~ン

 

 

f:id:marienina:20190813185845p:plain
f:id:marienina:20190813185828p:plain

※抗がん剤副作用によるケア用品専門店【COCOLO】さまより画像を拝借☆
 

保険やさんの宣伝ではないが、二人のうち一人が癌の時代だとか。
「それは誇張しているのでしょ。」と、打ち消せないもどかしさを感じる・・・。

 

 

 

葉っぱに隠れて♪

きょうは昨日より少しだけしのぎやすいかもしれない。

福島も、ちょっとだけ秋を感じた。

 

故郷の友達は、「お盆になったら急に秋になった。」と言っていた。

そうそう、北国は秋が早足でやってくるのを思い出した(苦笑)

 

庭の秋明菊の葉っぱの間を覗き込んでみたら、なんと一輪の秋明菊が咲いていた。

葉っぱの影になり「今咲いて良かったのだろうか。」と、思い悩みながら咲いていたように見える^^;

 

この真夏に秋の花がもう咲くなんて(◎_◎)

でも、まぎれもなく秋明菊が咲きだしてきている^^ウレシ~♪

 

f:id:marienina:20190812160016j:plain

 

 

 

涼しそうな花。 名前は不明^^;

 

f:id:marienina:20190812160057j:plain

 

marienina.hatenablog.com

 

花はもう秋・・・☆

夏の花が最盛期のときに私は入院してしまったから、花を撮るどころではなかった。

でもまだなんとか、今も最後の力を振り絞って咲いてくれている花もある^^

 

 

f:id:marienina:20190809090852j:plain

 

  

昨日、庭を歩いていて驚いた。

秋の花である秋明菊が、もうすでにつぼみをつけていたのである。

うそでしょと思った。

いや、たしかにちょんちょんとあちこちにかわいいつぼみが見えていた。

秋明菊は名前は菊になっているが、アネモネの仲間だ。

私は秋明菊が大好きだから、突然元気をもらったような気がした(∩.∩)

この暑さなのに、花はもう秋を感じているのだろうか。

 

 

f:id:marienina:20190809091234j:plain

 

 

 

 

f:id:marienina:20190809091252j:plain

 

 

 

 

f:id:marienina:20190809091318j:plain

 

 

 

向日葵は待っていた

私が入院中の間に、夏の花々はほとんど終わりかけていた。

でもただひとつだけ、庭の向日葵の花だけが天にそびえて、私の帰りを待っていてくれた。

 

三メートルはあるだろうか。

向日葵はここ数年植えてはいなかった。

ひょんな気まぐれで、夫が向日葵の種を撒いていたのである。

 

「おかえりなさい。」と、向日葵が私を歓迎してくれた^^

 

 

f:id:marienina:20190804212611j:plain

 

 

 

 

f:id:marienina:20190804212630j:plain

 

 

 

 

f:id:marienina:20190804212651j:plain

 

 

 

退院・・・

きょう8月4日、退院をした。

癌の宣告を受けても、まだ現実味を感じていない私。

しかし体は、しっかりと変わりすぎていて脱力感が普通ではない。

カメラを構えることも、今ではちょっとむずかしいと思う。

 

48日の入院生活・・・その間7キロくらい痩せた。

ダイエットは容易ではないのにいとも簡単に体重が落ちた。

それもそうだ、病院では一月近くもお粥生活だったから(苦笑)

 

まもなく抗がん剤治療が始まる。(8月19日予定)

病院では、ほとんど抗がん剤治療の人で先輩のお馴染みさんが多い。

皮肉なことに、癌友達も増えてしまった^^;

抗がん剤は二泊三日の入院パターンが多いようだ。(二週間に一度の入院。)

中には日帰り組もいる。

人によって抗がん剤も違うようだから、体調にもいろいろな症状がでるようだ。

髪の毛が抜けたり、吐き気がしたり、だるくなったり人によって違うらしい。

 

私の隣のベッドの84才の女性は、抗がん剤治療で二泊三日の入院であったが、食欲はあり体調もすこぶる元気で、なんとも羨ましくなるような元気なおばあさまであった。

「みんなに申し訳がないわ。」と笑っていた。

 

現在、体力低下で前の体の状態に戻るには少し時間がかかるかもしれない。

抗がん剤治療とも仲良く付き合って、いくらかでも長く生きられたらいいなと、今はそれだけの望みを託して明日から生きていこうと思う^^